定期的なタイヤ交換は持ち込みで交換することで安くなります

タイヤのお部屋

タイヤに詳しくなることで、理想のタイヤを安い価格で購入できる

タイヤ

タイヤ交換時にかかる料金の相場を知る

安い料金でタイヤ交換を行ってくれる店舗を探すためには、まず交換料金の相場を知る必要があります。直接店舗で料金を確認することもできますが、多くの店舗を見て回るには時間がかかるのでネットの比較サイトなどを活用してみましょう。

READ MORE
作業員

基本構造とタイヤの種類について

一般的に履いているタイヤの種類はラジアルタイヤといい、どれも構造自体はほとんど同じように作られています。しかし構造は同じであっても、ゴムの種類やトレッドパターンなどによってタイヤの性格は大きく異なります。

READ MORE

タイヤについて学ぶ

タイヤの種類によってゴムの硬さは異なります

タイヤに使われているゴムは、様々な路面状況に適応できるよう異なる硬さで作られています。例えば、スタッドレスタイヤは雪道走行に適したタイヤでゴムは比較的柔らかめに作られています。そのタイヤでアスファルトを走行するとなると、ゴムが柔らかく摩耗抵抗が大きいため、タイヤの消耗は激しく燃費も低下してしまいます。タイヤを選ぶ際は、季節や走行する路面に適したものを選びましょう。

最後まで使い切りができるおトクなタイヤとは?

販売されているタイヤの種類によってローテーションが可能なタイヤとそうでないタイヤがあります。それは、トレッドパターンと呼ばれるタイヤの面によって異なります。左右が対称的なトレッドパターンの場合は、片側のみ摩耗した場合、ローテーションすることで残りの面も最後まできっちり使い切ることができます。それとは逆に非対称なトレッドパターンのタイヤなどは、そのパターンによってグリップ力を向上させるなどの目的で作られているため、用途に応じてタイヤを選びましょう。

パンクしてしまった場合の対処法

走行中に釘を踏んでしまったという場合でも、急激に空気が漏れるということはなく徐々に漏れていきます。いつもより空気の減りが早いと感じた場合には近くのガソリンスタンドなどで見てもらいましょう。料金としては1000円以上から3000円ほどで交換することが可能です。しかし、パンク修理はあくまで一時的な対処であるため、パンクしてしまった場合は新しいタイヤの購入を検討しておきましょう。持ち込みでの交換にも対応してくれるので、スペアタイヤなどの用意がある場合はパンクしたらタイヤ交換してもらいましょう。

幅広く活躍するゴムは、車のあらゆる部分に使用されています。

現代では、ゴムは多くのシーンで利用されており、輪ゴムをはじめ、車のタイヤや制振材、耐衝撃用の素材などと生活していくうえで欠かせない存在となりつつあります。ゴムは加工方法によって柔軟性や耐久性などを変化させることが容易にでき、車のタイヤだけでも簡単に爪痕がつくほど柔らかいものから、ほとんど形状が変化しないほど硬いタイヤなど硬さを変えて数多くのものが生産されています。

タイヤ交換が必要な時期の確認方法やタイヤの種類について知ろう!

交換目安はタイヤのスリップサインに注目!

タイヤについているスリップサインはタイヤの交換目安を示すサインです。スリップサインは保安基準によって定められたもので、高さは1.6ミリです。この高さはタイヤ本来の性能を発揮できる最低限のラインとなるため、これ以上に摩耗してしまうとスリップによる事故が起きる可能性もあります。そのため、スリップサインが見え始めたら早めに交換するようにしましょう。

店舗によって異なるタイヤ交換にかかる料金

タイヤ交換を行ってくれる店舗は、ガソリンスタンドやタイヤ屋、カー用品店など多数存在していますが、どの店舗もそれぞれ交換にかかる料金が異なります。A店舗で高かったものがB店舗で安かったり、またはその逆の場合もあります。交換が必要になった場合にはいくつかの店舗の料金を比較してみるとよいでしょう。

交換するタイヤの種類と性能の違いを理解しよう

一口にタイヤといっても、タイヤにはいくつもの種類があります。エコタイヤやオフロードタイヤ、スタッドレスタイヤなどいくつかの種類に分けられ、それぞれの性能が発揮できる場所も異なります。最近では、人気の高いタイヤとしてエコタイヤがあります。エコタイヤは、転がり抵抗が少なく摩耗がしにくいうえに燃費も良くなるという一石二鳥のタイヤです。その他のタイヤにもそれぞれのメリットやデメリットがあるので、詳細についてはスタッフの方に尋ねてみるとよいでしょう。

タイヤ交換をした場合は、その他のサービスもお忘れなく!

タイヤ交換を依頼した場合、追加料金でタイヤ交換の他にもバルブ交換や窒素充てん等を行ってくれる店舗もあります。標準装着されているバルブはゴム製のものであるため、経年劣化によってその部分から空気が漏れ出すことがあります。交換に必要な料金は数百円、あるいは無料で行ってくれるところもあるため一緒に交換してもらいましょう。窒素充てんのサービスの理由としては、通常どおり空気を入れるよりも漏れにくいためです。実は、タイヤの空気はゴムを通過して微量ながらタイヤの空気は減っていきます。窒素は酸素に比べるとゴムを通り抜けにくいため、長い間一定量の空気を保ちやすくなります。また、大気圧による膨張や凝縮も起きにくいため安定した燃費で走行することができるメリットがあります。

タイヤ交換を行った後の定期的なメンテナンス

基本的に車の各パーツはほとんど定期的なメンテナンスをする必要があります。それはタイヤについても同じであり、タイヤの場合はこまめに空気圧をチェックすることが必要です。タイヤの空気はなかなか気付きにくいのですが、少しずつ減っていくため、それによって空気圧が落ちて燃費性能も低下してしまいます。また、空気圧が落ちてタイヤが張っていない状態での走行は、摩耗抵抗が増えるため消耗も激しくなります。タイヤを長持ちさせ、燃費良く走るためにも定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。